相続の不動産売却で手持ちの家をフル活用|マイホーム活用術

男の人

売るにあたって

男の人

不動産担保ローン以外の活用法と言ったら、不動産に売却を依頼するという選択もあります。買取額は業者に変わってくるので、それぞれ見積もりを算出して比較を進めていくことが肝心です。

売らずに活用

案内

相続不動産売却をしてしまうか、不動産担保ローンの担保にしてしまうか、手段というのは様々ですが、知っておきたいのが遺産の種類についてです。というのも、遺産というのは何もプラスのものが全てではないんですね。また、不動産担保ローンとは何なのかについてお話ししたいと思います。全く聞いたことがない、という人もいれば、名前だけ知っているという人、既に使ったことがあるという人もいるでしょうが、改めて説明すると、これは所有している不動産を担保にして、融資を受けるというものです。よくあるのが、新しい住宅を購入したい、と言った場合、今持っている持ち家を担保にいれて、それで得られた融資を使って新しい住宅の購入に踏み切るなどです。相続不動産売却をしてしまう、というのも決して悪くはありませんが、土地やタイミングによっては中々買主が見つからないということも考えられます。そういった場合は売らずに不動産担保ローンにする、ということも可能です。もしも不動産の所持の仕方にこだわりがないのであれば、こういった手段があるということは知っておくといざという時が便利です。ただ、あくまでもこれはローンですから、それが支払うことができなくなってしまうと競売に掛けられてしまうことになります。そうすると結局のところ最低ラインで手放さなくてはならなくなってしまうので、返済はきっちりするよう心掛けて追うことが何よりも大切です。心置きなく不動産を手離すためには弁護士に相談すると良いでしょう。

知っておくべきは

裁判

相続で不動産の財産を受け取るという事は珍しくないでしょう。専門の業者へ相続不動産売却を依頼するという場合は、事前に費用について算出してもらう必要があります。少しでもプラスに持っていけるようにすることが肝心です。

複数で受け継ぐなら

女性

不動産が財産として相続が行なわれるという場合は、どのように分配するのか決めておく必要があります。生前から相談することもスムーズに話し合いをまとめるために必要な事と言えます。