相続の不動産売却で手持ちの家をフル活用|マイホーム活用術

裁判

複数で受け継ぐなら

女性

相続、というのは何も一人だけが受けるものではありません。相続人となり得る人が複数人いる場合、遺産を分割して受け継いでいくことになります。ですが、そこでややこしいのが不動産の存在です。土地などが複数ある、というのであれば、あそこの土地は誰がもらって、ここの土地は誰がもらって、とまだ相談しやすいですが、逆に一個しかないと誰がもらうのかでもめることになってしまいます。そこでやることになるのが、分割協議、というものです。そのために先に不動産を売却し、そのお金を分けて行く、というケースが多いです。一方で不動産そのものが担保になっていた場合なども、売却して、そのお金でローンを返済するといった方法を取ることがあります。どちらにせよ誰がどう受け継ぐなどが最初から決まっておらず、相談して決めて行かなくてはならないと言った場合は分割することになるので、その辺りは頭に入れておいた方が良いでしょう。相続不動産売却も不動産担保ローンも難しそうに思えますが、実はここまで説明してきた通り意外と身近なものです。いざという時は焦らずどういったものだったかを一つ一つおも出しながら、対処していけるように準備しておきたいところです。出来れば生前から相談をしておき、現状をよく確認し、今後どうしていくかということを予め決めておいた方がスムーズと言えます。必ずしもそういった事前相談を全ての人が出来るとは限りませんが、もし可能であれば少しだけでも良いので意識してみて欲しいと思います。